Mozilla

データプライバシー指針

Mozilla マニフェスト に 5 つを加えたものが、次のような Mozilla の活動の指針となっています:

  • 製品とサービスの開発
  • 収集したユーザーデータの管理
  • パートナーの選定と取引
  • 公共政策と政策提言の規定
  1. 透明性

    情報の仕様と共有は、透明性を保ちつつユーザーにとって利益がある形で行うこと。

  2. ユーザーの自己管理

    データやオンライン上の活動をユーザー自身が管理できるように、製品を開発し、またベストプラクティスを訴求する活動を行うこと。

  3. 必要なデータのみ扱うこと

    不必要なものは収集しないこと。またデータは非特定化し、必要なくなった場合には削除すること。

  4. 設定に対する配慮

    安全性とユーザー体験のバランスのバランスに対して、十分配慮したデザインを行うこと。

  5. 深い防御

    幾層にもわたってセキュリティ管理を維持し、それらの多くが公的に検証可能であること。