Mozilla マニフェスト補遺

健全なインターネットへの誓い

オープンな世界規模のインターネットは、私たちがかつて目にしてきた中で最も強力なコミュニケーションとコラボレーションの資産と言えます。それは人類の進歩に対する私たちの切なる願いをいくらか体現したものです。それは、学習や、共有可能な人間性の創出、あらゆる場所で人々が直面している緊急課題の解決のための新たな機会をもたらしてくれます。

過去 10 年以上に渡って、この約束が様々な形で満たされるのを私たちは目にしてきました。一方で、対立の拡大、暴力の扇動、憎悪の助長、事実の意図的な改変にインターネットの力が悪用されるところも目にしてきました。そうした中、人類のインターネット体験に対する私たちの熱望をより明確に表明すべきだという考えに至りました。私たちは今ここでそれを実行します。

  1. 私たちは、オンラインへのアクセス、機会、あるいは体験の質が個々人の人口学的特性によって左右されることのないような、地球上のすべての人が含まれたインターネットを形作ることに専念します。
  2. 私たちは、市民の対話、人間の尊厳、個人の表現を促進するようなインターネットを形作ることに専念します。
  3. 私たちは、批評的思考、理にかなった議論、共有知識、証明可能な事実を深めるようなインターネットを形作ることに専念します。
  4. 私たちは、公共の利益のために協力する多様なコミュニティ間のコラボレーションを促進するようなインターネットを形作ることに専念します。

Mozilla マニフェスト

私たちの 10 の信念

原則 1 インターネットは、現代の生活における重要な要素です。教育、コミュニケーション、共同作業、ビジネス、娯楽、そして全体としての社会の、鍵となるコンポーネントです。

詳しくはこちら

原則 2 インターネットは世界的な公共のリソースであり、オープンかつアクセス可能なものであり続けなければなりません。

詳しくはこちら

原則 3 インターネットは、個々の人間の人生を豊かにするものであるべきです。

詳しくはこちら

原則 4 プライバシーとセキュリティーはインターネットの重要な要素です。「あればいい」というものではありません。

詳しくはこちら

原則 5 一人ひとりがインターネットを形作るための能力を持ち、そこで自分自身の体験を得るべきです。

詳しくはこちら

原則 6 公共のリソースとしてのインターネットが効果を上げるためには、相互運用性 (プロトコル、データ形式、コンテンツ)、革新、そして世界的かつ分散的な参加が必要です。

詳しくはこちら

原則 7 フリーでオープンソースなソフトウェアは、公共のリソースとしてのインターネットの発展を促進します。

詳しくはこちら

原則 8 透明性を持ったコミュニティ・ベースのプロセスは、参加を促し、説明責任と信頼を向上させます。

詳しくはこちら

原則 9 インターネットの発展における商業的な関与は、多くの利点をもたらします。商業的な利益と公共の利益とのバランスを取ることが重要です。

詳しくはこちら

原則 10 インターネットの公共の利益という側面を拡大することは重要な目標であり、時間を費やし、注目し、参加する意義のあることです。

詳しくはこちら