Mozilla マニフェスト

これらは、Web 上での公開性、革新、機会創出を促進するという私たちのミッションの指針となる信念です。

私たちの 10 の信念

01 インターネットは、現代の生活における重要な要素です。教育、コミュニケーション、共同作業、ビジネス、娯楽、そして全体としての社会の、鍵となるコンポーネントです。

02 インターネットは世界的な公共のリソースであり、オープンかつアクセス可能なものであり続けなければなりません。

詳しくはこちら

公開性のために箱を作る必要はありません。公開でないことのためには箱を作らなければなりません。

Firefox バイスプレジデント Johnathan Nightingale

03 インターネットは、個々の人間の人生を豊かにするものであるべきです。

04 インターネットにおける個人のセキュリティとプライバシーは必須のものであり、オプションとして扱われるべきではありません。

05 一人ひとりがインターネットを形作るための能力を持ち、そこで自分自身の体験を得るべきです。

06 公共のリソースとしてのインターネットが効果を上げるためには、相互運用性 (プロトコル、データ形式、コンテンツ)、革新、そして世界的かつ分散的な参加が必要です。

07 フリーでオープンソースなソフトウェアは、公共のリソースとしてのインターネットの発展を促進します。

08 透明性を持ったコミュニティ・ベースのプロセスは、参加を促し、説明責任と信頼を向上させます。

09 インターネットの発展における商業的な関与は、多くの利点をもたらします。商業的な利益と公共の利益とのバランスを取ることが重要です。

10 インターネットの公共の利益という側面を拡大することは重要な目標であり、時間を費やし、注目し、参加する意義のあることです。

友だちに伝える

さらに詳しく