Mozilla

Mozilla プロジェクトの歴史

Mozilla プロジェクトは、Netscape ブラウザースイートのソースコード公開 とともに 1998 年に設立されました。 それは、インターネット上の数千人に及ぶプログラマーの創作意欲をつなぎとめ、ブラウザー市場で前例のないレベルの革新にエネルギーを注ぐためでした。 その 最初の年、早くも世界中の新たなコミュニティメンバーが新機能の追加や既存の機能の改良、プロジェクトの管理や計画を行うようになりました。

オープンなコミュニティを形成することにより、Mozilla プロジェクトは ひとつの企業よりも巨大な組織 に成長しました。 コミュニティメンバーが参加することにより、プロジェクトの当初の ミッション の視野が広がり、人々は Netscape の次のブラウザーを開発するだけでなく、様々なブラウザー開発ツール、他の領域の プロジェクト まで作り上げました。 人々は様々な面から Mozilla に貢献しましたが、すべての人々が、インターネットにおける選択肢を提供するフリーソフトウェアを作ることに情熱を燃やしていました。

開発が進められて数年後、2002 年に最初のメジャーバージョンである Mozilla 1.0 が 公開されました。このバージョンは、ブラウザーとメールクライアント、ソフトウェアスイートに含まれる他のアプリケーションに多くの改良がなされましたが、まだ多くの人に使われるものではありませんでした。 2002 年当時、インターネットユーザーの 90% 以上 が Internet Explorer を使用していました。 この時はまだ多くの人に知られていませんが、幅広い人々に 最高のブラウズ環境 を提供するという目標を長い間持ち続けてきた Mozilla のコミュニティメンバーにより、Phoenix (後の Firefox) の最初のバージョンが公開されました。

2003 年、Mozilla プロジェクトは、個人の寄贈者と様々な企業の支援により、非営利の公益組織 である Mozilla Foundation を設立しました。 新たに設立された Mozilla Foundation は、プロジェクトの日々の運用を管理する役割を持ち続け、インターネット上の オープン性と革新、機会 を宣伝する役割を担っています。 これは、Firefox や Thunderbird などのソフトウェアをリリースし続けることによりなされ、さらにウェブ上のアクセシビリティ改善のサポートに対して 資金援助 するなど、新たな領域にも広げられています。

2004 年に Firefox 1.0 が公開され、大きな成功を収めました。Firefox は、それから 1 年も経たないうちに 1 億回以上 ダウンロードされました。 新しいバージョンがリリースされるたびに記録を更新し続けました。Firefox が知れ渡ることにより、ユーザーに選択肢がもたらされるようになりました。 新たなブラウザー競争により 革新が加速 され、すべての人にとってインターネットがより良いものとなっていきました。

2013 年、Mozilla は Firefox OS を発表しました。これはスマートフォンでウェブの力を最大限に引き出し、今後ウェブを利用する新しい世代の人々にもコントロールと選択肢を提供します。

2013 年は Mozilla の設立 15 周年でもありました。 コミュニティはこの 10 年間で、営利企業がオープンソースプロジェクトと協力して利益を上げ、優れたエンドユーザー向け製品をオープンソースソフトウェアとして生み出せることを示しました。 以前よりも多くの人々がインターネットを 彼らの母国語 で利用しています。 公益のミッションを支える市場メカニズムを利用した持続可能な組織が設立されています。このモデルは、オープンで見通しがよく協力的な組織を他社が設立することにより、WikipediaCreative Commons など、幅広い分野で再利用されています。

将来は、挑戦と機会が過去と等しく与えられるでしょう。 しかし、インターネットがオープンで楽しく、安全である保証はありません。 Mozilla は、人々に機会を与え、彼らの声を聞き、オンライン上の活動を研ぎ澄ますことを続けます。 もちろん、私たちはこれを単独で行いません。 Mozilla コミュニティは、他のオープンソースプロジェクトや公益組織と同様に、私たちの共通の目標を現実のものにしていく人々のためにのみ存在します。 私たちのミッションに加わりたい方は、ぜひ 参加してください

Mozilla の歴史についての詳細は以下をご覧ください: