すぐに使える

メールアカウント設定ウィザード

これまで、メールアカウントを作成する際は、送受信サーバの詳細な設定情報をすべて入力する必要がありました。新しい Thunderbird では、名前とメールアドレス、パスワードさえ入力すれば、Mozilla のプロバイダデータベースから自動的にサーバ設定情報が取得されます。

ワンクリックアドレス帳

差出人のメールアドレスを、素早くしかも簡単にアドレス帳へ登録できるようになりました。受信したメッセージ上の☆印のアイコンをクリックするだけで、新たな連絡先として追加できます。写真、誕生日、その他の連絡先情報を編集するには、このアイコンを再度クリックします。

添付ファイルの付け忘れ防止

メッセージの作成中、本文に「添付」などの単語が入力されたとき、情報バーを表示して、送信前に必要なファイルを添付するよう促します。

タブと検索

タブ

Thunderbird では、Firefox などのタブブラウザのように、複数のメッセージを個別のタブに開き、素早く切り換えて表示できます。例えば、あるメッセージへの返信を書いている途中で、前に読んだメッセージへ戻って内容を確認したいとします。そんなとき、このタブ機能を使えば、複数のメッセージを一度に同じウィンドウ内に開いたままにしておけるので、簡単に参照できます。

メッセージをダブルクリックするか Enter キーを押すと、そのメッセージが別のタブで開かれます。メッセージやフォルダを右クリックし、バックグラウンドのタブで開くことも可能です。

Thunderbird を終了する際には、開いているタブの状態が記憶され、次回起動時に復元されます。タブバーの右端には、開いているタブのタイトルを一覧できるドロップダウンリストもあり、多くのタブを開いているときも容易に切り替えられます。

クイックフィルタツールバー

クイックフィルタツールバーは、フォルダ内のメッセージを素早く絞り込める機能です。任意の検索語を入力し始めると即座に結果が表示されます。未読メッセージ、タグ、送信者がアドレス帳に登録されているかといった条件でも抽出できます。また、「ピン」のアイコンをクリックすれば、フォルダの表示を切り換えても絞り込みを維持することが可能です。

検索

Thunderbird の検索画面には絞り込みツールとタイムラインツールが含まれており、目的のメッセージを素早く正確に見つけ出せます。すべてのメッセージはデータベースに登録されているため、高速な検索が可能となっています。検索結果は別のタブに表示されるので、他のメッセージとも簡単に行き来できます。

メッセージアーカイブ

後で必要になりそうなメッセージを削除せずに受信トレイから消したいときは、このアーカイブ機能を活用しましょう。新しいアーカイブフォルダにメッセージが移動され、受信トレイを整理できます。

アーカイブボタンか A キーを押すだけで、選択されたメッセージがアーカイブされます。

イベントログの管理

「イベントログの管理」ウィンドウには、送受信などのログがまとめて記録されます。いつメッセージをダウンロードしたかなどを推測する必要はもうありません。ひとつの画面で自分のアカウントの状態を把握できます。

カスタマイズ自由自在

選べるデザイン

Personas と呼ばれる気に入ったテーマを選んで適用すれば、 Thunderbird のデザインを即座に切り換えられます。映画、ファッション、風景、スポーツなど、数十万のデザインの中から選べます。アイコンなどの細部までデザインを変更できるテーマもあります。

スマートフォルダ

スマートフォルダモードでは、別々のメールボックスがまとめて表示され、複数のメールアカウントを効率的に管理できます。例えば受信トレイを選択すると、各アカウントを個別に開かずに、すべてのアカウントの新着メッセージを一覧表示できます。

アドオンマネージャ

アドオンマネージャを開くだけで、Thunderbird 内で直接アドオンを検索しインストールできるようになりました。アドオンの Web サイトを訪れる必要はもうありません。どのアドオンを使ったら良いか分からない時も、ユーザの評価、おすすめ、説明、画像などを見て選べます。

セキュリティとプライバシー

強固なプライバシー

Thunderbird は HTML メッセージに埋め込まれたリモート画像の読み込みをブロックし、ユーザのプライバシーを保護します。

フィッシング詐欺警告機能

Thunderbird は、受信したメッセージに個人情報や機密情報を騙し取ろうとするフィッシング詐欺の危険性が疑われる場合、警告を表示します。さらに二重の対策として、メッセージ内に表示されている URL と実際に開かれる Web サイトが異なる不審なリンクがクリックされた場合も、ブラウザでそのサイトが開かれる前に警告を表示して注意を促します。

自動更新

Thunderbird の更新システムは、最新版が使用されているかどうかを定期的に確認し、セキュリティ更新が利用可能なときは自動的にダウンロードして、更新の準備が整ったことをユーザに通知します。更新は差分データとして提供されるためサイズが小さく (通常は 200 KB から 700 KB)、短時間でダウンロードとインストールが可能です。この自動更新システムは Windows、OS X、Linux いずれでも利用でき、全言語版に対応しています。

学習型迷惑メールフィルタ

以前から好評をいただいている迷惑メール対策機能は、あらゆる手口の迷惑メールに対応できるよう作られています。すべての新着メッセージは学習型迷惑メールフィルタで解析されます。ユーザが迷惑メールの判定を行うたびに、その内容が蓄積されて自動判別の精度が向上するので、より多くの時間を重要なメッセージのやりとりに割くことができます。プロバイダや社内メールサーバの迷惑メールフィルタを併用すれば、受信トレイから迷惑メールが激減することでしょう。

オープンソースによる開発プロセス

Thunderbird は、熱心で経験豊かな開発者やセキュリティ専門家が世界中から多数参加するオープンソースの開発プロセスによって支えられています。透明性の高い環境の中で多くの専門家から積極的な協力を受けることで、より安全性の高い製品をお届けでき、万が一問題が報告された場合も速やかに修正版を配布できる体制を整えています。また同時に、優れたサードパーティ製のセキュリティ検証・評価ツールを活用することで、全体的なセキュリティレベルを向上させています。