Mozilla

mozilla

Mozilla マニフェスト

はじめに

私たちの生活にとって、インターネットはますます大切なものとなっています。

Mozilla プロジェクトは世界的なコミュニティであり、インターネットが健全なものであり続けるためには、公開性、革新、そして機会が重要である、と信じる人たちの集まりです。私たちは 1998 年から共同作業を続けていて、その目標は、インターネットをすべての人々の利益になる方向へ発展させることです。私たちの製品で最も有名なのは、Web ブラウザの Mozilla Firefox でしょう。

Mozilla プロジェクトは、世界一のオープンソースのソフトウェアを作り、新たな共同作業形態を作り上げる過程で、コミュニティを基盤とした手法を採ってきました。すべての人々にとってインターネット体験がより良くなること、を目標にした人々のコミュニティが形成されたのです。

こうした努力の結果、いくつかの原則が醸成されてきました。これらは、商業的な面ばかりではなく、公共の利益という点においてもインターネットが役立ち続けるために必須のものだ、と私たちは考えています。以下に提示する Mozilla 宣言は、これらの原則をまとめたものです。

この宣言は以下のような目的をもって書かれました。

  1. Mozilla の参加者が Mozilla Foundation に追求して欲しいと望むインターネットのビジョンを明記すること。
  2. 技術的なバックグラウンドを持っている人とそうでない人の双方に語りかけること。
  3. Mozilla の貢献者が私たちの活動を誇りに思うと同時に、私たちが活動を継続する意欲を促すこと。
  4. ここで示すインターネットのビジョンを推進する枠組みを Mozilla 外部の人たちにも提供すること。

これらの原則は、文章化するだけで達成できるものではありません。インターネットを開かれた参加型のものにするには、個人であれ集団であれ、また、他の人たちをリードするような、人々の積極的な参加が必要なのです。Mozilla Foundation は、Mozilla 宣言に列記された原則の推進に尽力します。私たちの活動に参加してください。インターネットを、すべての人にとってさらに良い場所にしましょう。

原則

  1. インターネットは、現代の生活における重要な要素です。教育、コミュニケーション、共同作業、ビジネス、娯楽、そして全体としての社会の、鍵となるコンポーネントです。
  2. インターネットは世界的な公共のリソースであり、オープンかつアクセス可能なものであり続けなければなりません。
  3. インターネットは、個々の人間の人生を豊かにするものであるべきです。
  4. インターネットにおける個人のセキュリティとプライバシーは必須のものであり、オプションとして扱われるべきではありません。
  5. 人は誰でも、インターネットとインターネット上での自らの体験を自分自身で形成する力を有するべきです。
  6. 公共のリソースとしてのインターネットが効果を上げるためには、相互運用性 (プロトコル、データ形式、コンテンツ)、革新、そして世界的かつ分散的な参加が必要です。
  7. フリーでオープンソースなソフトウェアは、公共のリソースとしてのインターネットの発展を促進します。
  8. 透明性を持ったコミュニティ・ベースのプロセスは、参加を促し、説明責任と信頼を向上させます。
  9. インターネットの発展における商業的な関与は、多くの利点をもたらします。商業的な利益と公共の利益とのバランスを取ることが重要です。
  10. インターネットの公共の利益という側面を拡大することは重要な目標であり、時間を費やし、注目し、参加する意義のあることです。

宣言の推進

Mozilla 宣言の原則を推進するには、様々な方法があります。活動の範囲を狭い領域に限定するつもりはありません。プロジェクトの他の領域で他の参加者たちが示したのと同様な創造性を発揮してくれることでしょう。Mozilla プロジェクトにそれほど深く関わっていない人がこの宣言をサポートする簡単でとても有効な方法は、この宣言の原則を具体化している Mozilla Firefox やその他の製品を使用することです。

Mozilla Foundation の公約

Mozilla Foundation は、その活動において、Mozilla 宣言を支持することを公約します。具体的には、次のようなことを行います。

  • 宣言の原則を支持する、オープンソースの技術とコミュニティを作り、育て上げていきます。
  • 宣言の原則を支持する、素晴らしいコンシューマ向け製品を作り、配布します。
  • Mozilla の財産 (著作権や商標権のような知的所有権、インフラストラクチャ、資金と名声) を、オープンなプラットフォームとしてのインターネットを維持するために使用します。
  • 公共の利益に寄与する経済的価値を創造するモデルを推進します。
  • そして、公開の議論の場やインターネット業界内で、Mozilla 宣言の原則を推進します。

Foundation の活動のいくつか - 現在のところ、コンシューマ向け製品の作成、配布、そしてプロモーション - は、Mozilla Foundation の完全子会社である Mozilla Corporation が主導しています。

お誘い

Mozilla Foundation は、Mozilla 宣言の原則を支持していただける人は誰でも参加を歓迎します。このインターネットのビジョンを実現する新たな方法を共に探していきましょう。